1. >
  2. >
  3. 短期のバイト面接もこれでバッチリ
採用祝い金がもらえる求人サイト!

「複数応募すると合格率が上がる」って知ってた?

1店だけに応募した場合と比べて、複数応募した人は採用される確率が上がるんです。
特に3社以上の応募で合格率は23.8%もUP♪気になったバイト先があれば、1店で終わらずいくつか同時に応募すると受かりやすくなりますよ。

短期のバイト面接もこれでバッチリ


アルバイトの面接は採用担当者と初めて顔を合わせる会場となります。
その第一印象が採用、不採用の大きな分かれめになる事が多くあります。
事前準備を怠らず、面接では自分をしっかり
アピールしましょう。

1.面接前に準備しておきたいこと

まずは挨拶の練習です、自分から名乗り元気にはっきりと挨拶しましょう。
担当者が来るまで、座っていた場合はなどは立ち上がり大きめの声で挨拶してください。

予め聞きたいことを面接前にピックアップしておきましょう。
仕事内容や勤務時間、休日、時間給の金額や受け取り方法、交通費の支給、勤務する時の服装など、聞いておきたいことはしっかりと面接会場で確認しましょう。
聞く話し方としては、はっきりと当然の事前打ち合わせのつもりでのぞみ相手に不快感をあたえないようにしましょう。

よく質問されることの答えは考えておく。
今までの職歴、バイト経験は?と質問された場合などは今回の応募に結び付くような経験から話をします。該当する項目がない場合は
どんな仕事経験があるか(手伝いを含め)話すことを心掛けましょう。

なぜ今回のバイトに応募したかと質問された場合は「興味があったから」だけではなく、
どのような所に興味を持ったかなど具体的に説明するようにしましょう。

2.面接会場での注意事項

面接時の採用担当者の前だけちゃんとしていれば良いと思っていたらそれは間違いで、面接会場に入った時から面接は始まっていると思いましょう。

特に気をつけなけなければいけない事は、携帯電話の電源です。
OFFにしておくのがベストですが、少なくともマナーモードにはしましょう。

受付、控室、廊下でも気を抜くことはできません。
受付でもはっきりと対応しましょう。控室などで大きな声で話したり、だらっとした態度で椅子に座ったりするのもNGです。
待ち時間での携帯電話やスマホを使っての、ゲームや検索なども控えましょう。

以上の事に注意して、前向きで明るい対応を心がければ【採用】の決定はもらったものに違いありません。

短期・単発OKのバイト情報

当ページからのリンク先とページ記載の内容につきましては一切関係ありません